訪日外国人が困った事 (無料の公衆無線LAN・5選・空港・港・ホテル)

目次

 

©まめぶろ

 

他の無料の公衆無線LAN

JR・私鉄・地下鉄・モノレール・バス・タクシー
カフェ・ファーストフード・コンビニ・ファミレス・自動販売機
セキュリティ

 

スポンサーリンク



 

訪日外国人の方が、1番困っている事

こんにちは、管理人のsoraです。

 

今回は、このブログで1番書きたかった内容の『訪日外国人が困った事・知りたい事』について書きたいと思います。内容は2017年5月現在の情報で書いています。

 

あいさつにも書いたように、いま日本は、訪日外国人を増やそうとしています。そして実際に日本を訪れる人は増えています。しかし、それは、外国人向けのサービスやガイドが、まだ十分と言えない昨今、別の角度から言うならば、困る人も増えていると言えます。

 

そこで、このブログでは、その困った時に、このブログを見て、少しでも問題が解決できるような内容にしたいと思っています。一応は訪日外国人の方を意識して、分かり易い内容を心がけて作っていますが、日本人が見ても参考になる内容にしたいと思い書きました。

 

訪日外国人の方が日本の旅行で困った事に『無料公衆無線LANの環境の不足や使い方、または、使える場所が不明』が1番困っている事なので、今回はこの内容について紹介したいと思います。

 

また、今回紹介している内容は、基本的に日本人も使えるサービスを選んでいますが、訪日外国人の方が利用し易いように、できるだけ日本語以外の言語でも書かれてるホームページや案内があるサービスを選んでいます

 

日本人の感覚だと無料の公衆無線LANでも、厳密には無料では無いサービスもあります。具体的には、携帯電話会社のWi-Fiサービスや、モバイルWi-Fiルーターなどのサービスです。

 

既にサービスの契約があると、あまり意識をせず、公衆無線LANを利用できてしまいますが、これは訪日外国人の方にとっては、料金も発生し、日本語での契約が必要な為、大きな壁になる事があります。

 

その為このブログでは、有料の公衆無線LANや、日本の携帯電話会社のWi-Fi、モバイルWi-Fiルーター(ポケットWi-Fiルーター)などの契約が無いと利用できない、公衆無線LANのサービスは、ほとんど紹介をしていません。

 

なお、サービスのいくつかは、メールアドレスの登録の時に、空メールを送信したり、電話を掛け登録する場合もあります。その際に、料金が発生する可能性もありますので、公式ホームページなどで十分に確認をして、問題が無い事を確認の上、利用をして下さい

 

当ブログの情報や利用によって、料金や、どのような不利益や問題が発生をしても、当ブログや管理人は、いかなる理由があっても、一切の責任は負えませんので、予めご了承下さい。

 

スポンサーリンク



 

そもそも、無線LANとは?Wi-Fiとは?

簡単に『無線LAN』と『Wi-Fi』について書いておきたいと思います。

 

ひとことで言うなら、無線LANは総称で、Wi-Fiはその無線LANの中の規格の1つと言えば簡潔です。

 

この説明を1度詳しく分かり易く書きましたが、内容が専門的になり、それだけで1,000文字程になってしまった為、泣く泣く削除しました(笑)

 

このブログの中では、無線LANWi-Fiが多く出てきますので、適宜読んで下さい。

 

無線LANと言っても、使い方は、大きく3つに分けられると思います。

 

『1つ目』は、自宅や屋内で使うルーターに対してのWi-Fi。

 

『2つ目』は、外での利用が主な使い方のモバイルWi-Fiルーターなどに対してのWi-Fi。自宅でも使えますが、外に持ち出し使う機会も多いと思います。

 

『3つ目』が、今回の投稿の『無料の公衆無線LAN』です。

 

公衆無線LANは、Wi-Fiスポット・フリースポット・ホットスポットなどと呼ばれる事もあります。これには有料・無料があるのでサービスを利用する時は、料金の有無の確認が必要です。

 

今回紹介する内容は、訪日外国人の方が使いや易すそうなサービスを厳選し、全て無料のサービスを選びました。

 

※注釈:海外では、今回の投稿のような公衆無線LANの使える場所を『ホットスポット』と呼ぶ事が多いです。日本でも公衆無線LANの使える場所をホットスポットと呼ぶ事もありますが、正確にはホットスポットとは、日本では、NTTコミュニケーションズ商標登録をしている公衆無線LANサービスの名称になります。

 

なお、このブログ自体は、訪日外国人の方を意識して作っていますが、紹介しているサービスの多くは日本人も無料で使えるサービスを選んであります

 

 

ブログの読み方について

このページは、大きい青い文字の会社名やサービス名、あるいは店舗名や場所が、そのサービス元のホームページになっています。また、公衆無線LANについてのリンクは、一部.pdfの案内になっている場合もあります。

 

読み方は、サービス名のすぐ下に、概要が書いてあり、続いて、登録方法SSID利用できる主な場所が書いてあります。

 

サービス名 (あるいは、会社名・店舗名・場所など) 簡単な概要

 

 登録 登録方法・使用方法

 SSID SSID

 場所 利用できる主な場所

 

公衆無線LANの見つけ方は、サービスを行っている場所で自分の端末のWi-Fi覧を見ると、SSIDを見つける事ができます。サービスによっては、利用規約への同意が必要な場合や、メールアドレス(あるいはSNS)の登録や、専用のアプリが必要な公衆無線LANサービスがあります。

 

公衆無線LANを利用する場合は、以上の内容を、よく確認の上、利用をして下さい。

 

 

【 無料の公衆無線LANの利用方法 】

① 無料の公衆無線LANのステッカーがある、サービス提供(SSID・Wi-Fi電波)の場所を探します。これはサービスを利用するスマートフォンなどの端末のWiFi欄に表示されます。

 

② スマートフォンなどで見つけたSSIDに接続し、サービスを利用する。

 

この2つをおこなうだけで利用できるサービスもありますが、利用規約の同意や、メールアドレスSNSの登録や、アプリのダウンロードが必要な場合もあります。

 

 

【 自宅でWi-Fiへの接続のおもな理由 】

普段、スマートフォンを使っている方は多いと思います。自宅でインターネット回線を使っていて、ルーターを設置していれば、ほとんどの場合、Wi-Fiの恩恵を受けられると思います。

 

もし今、自宅でWi-Fiを利用できる環境で、Wi-Fiを使っていなければ、是非、Wi-Fiを利用してみて下さい。スマートフォンのパケット代の節約になります。

 

 

【 一般的な設定方法 】

まずは、ルーター(インターネット機器)の側面や底面に『SSID』が書いてあると思うので、確認をして下さい。(あるいは、セキュリティキーと書いてあるかも知れません)

 

次に、スマートフォンのWi-Fi覧(Androidではシステム設定の中、iPhoneでは設定の中)を見て、ルーターに書いてあったSSIDと同じものが表示されいるかを確認します。

 

スマートフォンに表示がされていれば、それがルーターからのSSID(Wi-Fi)なので、選択をして、接続をすれば、家でもWi-Fiが利用できます。

 

自宅でのWi-Fiに興味があり、この短か過ぎる説明では、分からなかった方は、インターネットなどで調べてみて下さい(笑)

 

もし、自宅でWi-Fiの設定を行ったのなら、できるだけセキュリティの設定まで、おこなった方が良いと思います。理由は、このブログの投稿の『セキュリティ編』に書いてあるので、参考にして下さい。

 

また、ルーターのセキュリティ設定は、今回の投稿の内容から外れてしまうので割愛します。

 

スポンサーリンク



 

優れた無料の公衆無線LANサービス【5選+】

ここでは、5つ紹介しますが、どのサービスも素晴らしく、1つだけでも、多くの場所で無料の公衆無線LANを利用する事ができます

 

また、このブログでは、無料のサービスを中心に、訪日外国人の方が利用し易いサービスを紹介しています。

 

この投稿では、無料の公衆無線LANの情報を紹介しているので、概ね省略していますが、携帯電話会社のWi-Fi契約や、モバイルWi-Fiルーターなどの有料契約を必要とするサービスは、セキュリティ編の後半に書いてあります。

 

 

以下が、厳選した無料の公衆無線LANです。

 

Japan Connected-free Wi-Fi

ホームページは日本語の他に、英語・中国語(繁体字)・中国語(簡体字)・韓国語・タイ語があります。

 

このサービスは、AndroidやiPhoneのアプリで、全国15万ものアクセスポイントを無料で利用できる、訪日外国人向けのサービスです。

 

1度アプリの利用登録を行えば、アクセスポイントごとのログインが不要になる為、とても便利です。利用可能エリアを確認すると、全国各地で使える事が分かります。

 

アプリは、英語・中国語(簡体字)・中国語(繁体字)・韓国語・タイ語・マレー語・インドネシア語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・イタリア語・ロシア語・日本語の13言語に対応しています。

 

 登録 アプリをダウンロードし、最初にメールか、SNS(dアカウント・google+・facebook・twitter・weilbo・LINE)を登録すると利用ができます。

 SSID SSIDが多いので『ここ』を参照して下さい。

 場所 各地の商業施設やコンビニ、全国の主要空港、JRや主な私鉄やバス、公共施設や各自治体など、数多くの場所で利用ができます。

 

主な場所: 成田空港ターミナル内・羽田空港の国際と国内線ターミナル内・大阪国際空港ターミナル内19個所

 

JR東日本の主要駅・東京メトロの主要駅・都営地下鉄の主要駅・近畿日本鉄道の主要駅・名古屋鉄道の駅や特急電車・都バス全線の車内

 

セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・コメダ珈琲・プロント・ロッテリア・KFCなど、全国のアクセスポイントで利用ができます。

 

 

Japan.Free Wi-Fi

ホームページは英語のみです。観光庁が推進する無料の公衆無線LANです。

 

上記の サービス名からホームページの『Search』を選ぶと、自分の居る場所から近い無料のWi-Fiスポットを探すことが出来ます。

 

また『Major Locaitions』を開くと、無料の公衆無線LANを提供している空港や鉄道の駅、あるいは日本で有名なチェーン店やコンビニなどの場所を調べる事ができます。

 

indoor locaitions map』には、日本各地の主要駅の中で、どの場所に無料の公衆無線LANがあるかWi-Fiのマークが示してあり、そのSSIDが書いてあります。

 

 登録 登録や、アプリのダウンロードは必要ありません。

 SSID 上記にあるSearchでWi-Fiスポットを探すと、SSIDが書いてあります。

 場所 全国各地にあります。表示数を大きくし、キーワードに地域などを入力し検索をすると、一度に多くのスポットが確認できます。場所は『ここ』や『ここ』を参照して下さい。

 

 

Free WI-FI PASSPORT

ホームページは英語で、英語の他に、中国語(繁体字)・中国語(簡体字)・韓国語があります。登録の際に、電話を掛けますので通話料が発生するかを、公式ホームページなどで十分に確認をおこない、問題がない場合はサービスの登録作業を進めて利用をして下さい

 

このサービスは、日本の大手携帯電話会社、ソフトバンクの無料公衆無線LANです。全国のホテルやカフェの